河内洋騎手は「マイル戦に強い僕をアピールする馬だった」とコメントしました。

ニホンピロウイナー

 

ニホンピロウイナーは河内洋騎手が主戦騎手を務めた名馬です。
G1を4勝するなど、古馬になってからの活躍が光りました。

 

躍進のキッカケは河内騎手が主戦騎手として固定されてからで、G1を勝った全てのレースで河内洋騎手が騎乗していました。
ニホンピロウイナーは1985年に引退し、その後は種牡馬として多数のG1ホースを輩出した実績を持ちます。

 

 

ニホンピロウイナーの概要

ニホンピロウイナーの勇姿

父:スティールハート
母:ニホンピロエバート

 

生誕:1980年4月27日
生涯成績:26戦16勝
獲得賞金:4億8322万1400円

 

競走成績
日付 レース名 着順 騎手
1985/11/17 マイルチャンピオンS(G1) 1着 河内洋
1985/10/27 天皇賞(秋)(G1) 3着 河内洋
1985/10/06 毎日王冠(G2) 4着 河内洋
1985/05/12 安田記念(G1) 1着 河内洋
1985/04/21 京王杯SC(G2) 1着 河内洋
1985/03/31 サンケイ大阪杯(G2) 8着 河内洋
1985/02/24 マイラーズC(G2) 1着 河内洋
1984/11/18 マイルチャンピオンS(G1) 1着 河内洋

1984/10/28

スワンS(G2) 1着 河内洋

1984/09/16

朝日チャレンジC(G3) 1着 南井克巳
1984/02/26 マイラーズC(G2) 2着 田原成貴
1984/02/12 淀短距離S 1着 田原成貴
1983/12/18 CBC賞(G3) 1着 丸山勝秀
1983/11/12 トパーズS 1着 河内洋
1983/09/25 4歳上OP 2着 菅谷正巳
1983/07/10 金鯱賞(G2) 18着 武邦彦
1983/06/26 中京4歳特別 1着 武邦彦
1983/06/12 阪急杯(0万下) 9着 武邦彦
1983/04/17 皐月賞(G1) 20着 武邦彦
1983/03/27 スプリングS(G2) 6着 武邦彦
1983/02/13 きさらぎ賞(G3) 1着 武邦彦
1982/11/06 デイリー杯3歳S(G2) 1着 河内洋
1982/10/02 3歳S 1着 河内洋
1982/09/11 3歳新馬 1着 河内洋

 

代表産駒
  • ヤマニンゼファー  天皇賞(秋)、安田記念2勝、京王杯スプリングカップ
  •  

  • ニホンピロプリンス  CBC賞、マイラーズカップ
  •  

  • トーワウィナー  CBC賞、阪急杯
  •  

  • ファンドリショウリ  中日新聞杯2勝、愛知杯
  •  

  • フラワーパーク  高松宮杯、スプリンターズステークス、シルクロードステークス
  •  

  • メガスターダム  ラジオたんぱ杯2歳ステークス、中京記念

 

 

河内洋の飛躍に大きく貢献

 

ニホンピロウイナーと河内洋のコンビは15戦11勝と抜群の相性の良さを見せています。
河内は「マイル戦に強い僕をアピールするには、うってつけの馬だった」とコメントしていて、騎手としてのブランド力を高める功績を残しました。